ほりぃのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【外見】俺はビジネスカジュアルをやめるぞジョジョーッ!

素直にスーツかせめてジャケットを着るよ…

仕事で着る服に迷いを感じたので「きちんと見える 信頼される デキる女のおしゃれの方程式」という本を読みました。デキる女て…タイトルが恥ずかしすぎる。でも筆者が男性で目線がリアルそうだったのと、文体が穏やかで言うこと聞く気になれそうだったので買ってみました。

デキる女のおしゃれの方程式 きちんと見える 信頼される

 

本の内容を自分が気になった部分だけまとめておきます。(抜粋や要約ではないです)

  • 男性がスーツスタイルなら、同格のきちんとした格好をして相手への敬意を表そう(ほんとそれな…)
  • 現時点で、女性のビジネスス用服装は男性ほど明確なルールがない。その分自制心が試されている。おしゃれ心をくすぐるアイテムやトレンドを前にして、自分の社会的立場や相手への配慮から着用の可否を判断し、踏みとどまれるかどうかがビジネスパーソンに必要な分別だ
  • 今後女性の仕事服もルールが定まってくると思われるが、今は端境期。自発的にちゃんとした格好ができる女性はレアリティがあるぞ
  • スーツといっても仕事用の色柄(ネイビー、グレー、ストライプ)と遊び用の色柄(ブラウン、グリーン、ボルドー、チェック)は決まっているので注意。女性だと白やグレージュのスーツも○。黒はビジネスの色ではないので基本的にナシ
  • 好印象だけど具体的にどんな服を着ていたかは思い出せないぐらいの格好が理想

 

私の職場はいちおう「ビジネスカジュアル」というドレスコードがあるのですが、実際は「男性は全員スーツだけど女性は好きにしていいよ」みたいな暗黙の了解の元でやっております。そして外回りの営業であってもスーツ着てる女性社員ってほぼ見たことない。女性の数が少なく、しかも内勤とかアシスタント職が多いので服装関係ないっていう事情もあるかもしれません。

それはそれで楽だし気ままなんですけど、やっぱり「ラフな服装が許されてるからっていいのだろうか…」とか「いちおうシャツとか着てるけどやっぱりスーツには及ばない格好であるし、お客様や取引先に失礼なのでは…」とか「なんだかんだで毎日スーツのほうが経済的なのでは…」という思いも自分の中でずっとあり。

そこにきて最近はお客様にお会いしたりある程度の人数の前で話したり業界の集まりみたいなのに出たりする機会も多くなり、試しに変えてみようかなと思った次第です。元々かっちりした格好が好きというのもある。あと骨格がせっかくストレートタイプなのでというのもある。ちょうど今ノームコアに飽きかかっているのもある。

いきなり全とっかえは難しいので、徐々にちゃんとした仕事着を揃えていきたい所存です。楽しみ。

広告を非表示にする