ほりぃのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【道具】手帳をマンスリーからバーチカルに戻しました。予定の数に勝てなかったよ…

こないだお試しで手帳をバーチカルからマンスリーに変えたんですけど(【文具】手帳をバーチカルからマンスリーに(お試し中))、結局もとのバーチカルに戻したよという話です。

理由としては予定が書ききれず。自分は打ち合わせの開始時間だけじゃなくて移動時間とか集合時間とか議事録作る時間も予定として書くので、1日2件ぐらいで書くスペースがなくなるんですよね。3月以降はわりと余裕のある感じを想定していたら自分が受け持つ仕事が増えてしまい(ありがたいことなんですけどね)、マンスリーページが真っ黒になってしまいました。
 
せっかくなので離れてわかったバーチカルの魅力も書いておきます。
  • ぱっと見て空き時間がわかる。会議から会議のハシゴするみたいに予定がギチギチに詰まっているのは好きではないので、意識して予定のないまとまった面積を確保できるようにしてます。
  • 日毎のコメントみたいなのが書ける。メモページに書くより、その日の出来事と関連付けて書いたり見返したりできるので便利。
  • マンスリーページを人に見せる用にできる。カレンダーがふたつあることになるので、マンスリーのほうは人にちょっと見せてスケジュールを確認したりする用にしてます。
  • やっぱり書くのが楽しい。予定を書くのが二重になろうとも、やっぱり紙にペンで書くのが大好き!

 

ニュー手帳は高橋の「フェルテ7」にしました。A判大好きで身の回りの紙類をA判で統一したい派としてはサイズがB6っていうのが最後まで気になっていましたが、モレスキンのラージと幅が一緒なのでギリセーフとしました。

ペン(フリクション)との相性も問題ないし、サイズとページ数の割に重さが軽く感じるところが気に入っています。体力なくて重い手帳は持ち運べないので軽いのは助かる!

高橋 手帳 2016 4月始まり ウィークリー フェルテR 7 B6 No.885

3月はお店に手帳が並ぶシーズンとしては終盤なので、この時期に変えられてよかったなと思っています。

広告を非表示にする