ほりぃのブログ

【外見】男性向けのファッション誌がおもしろい

仕事着ちゃんとする活動( 【外見】俺はビジネスカジュアルをやめるぞジョジョーッ! - ほりぃのブログ )の一環として、男性向けファッション誌のスーツ特集号を買って読みました。そしたら意外と役に立ちそうだし読み物としておもしろかったよという話。

f:id:hriii:20160326211851j:image

写真は「MEN'S EX」の4月号です。

ちなみに私は女性向けファッション誌に対しても「具体的な商品のカタログ」としては見ていない(似たようなのを別口で探す方式)ので、男性向けの服しか紹介されてなくてもOKなのです。というか雑誌に載ってる商品をそのまま買ってると破産しない…?

役立つ&おもしろ(と思う)ポイント

  • 色の組み合わせ…ビジネス用のスーツやジャケパンスタイルは使える色が少なく、限られた色数で今年っぽいニュアンスを出したり印象を変えたり着まわしたりしてるのが奥深く、参考になる。個人的に色数が少ないほうが好みで、女性向けの雑誌に載ってるコーディネートは自分にはカラフルすぎる&色のトーンが明るすぎると感じる時があるので助かります。色はそのまま真似出来そうだけど、Vゾーンとかパンツの丈なんかの形部分は男女で違いが大きいかなと思います。
  • 情報の具体的さ…「高いゴージライン、スリムなラペル幅、サイドベンツといった現代的なシルエットでスマートに着こなせます」など、服のデザインが文字できっちり解説されてるのがわかりやすい&おもしろい。女性向けだと「シャープさが女らしさを引き出す、計算しつくされたシルエット。さっと肩にかけるだけでこんなにも美しい。」みたいに表現がふわっとしてると思うんですよね。半分ポエムみたいな。どちらが良い悪いということではないですが。
  • 語りがある…素材や仕立てのこだわりとか、ブランドの歴史や機能性についての語りが多くてだいぶ読み応えがあります。コーディネート解説にしても「アウター&ボトムを同色にすることでスーツライクな色合せになり、ドレスマインドをきちんと維持できる」みたいに理由が書いてあって説得力がある。
  • リアルさ…もちろん男性向けのファッション誌にもタキシードとか遊び用の派手なジャケットとか載ってるけど、女性向け雑誌のファンタジーアイテムに比べて少ないです。そういうのを見て楽しむ目的だったらモード誌を買うので、あまり多くなくていいよと思っています。
  • 苦手な記事の少なさ…占い、ネガティブ感情の共有(読者投稿による「職場のむかつくヤツ特集」「将来の不安ランキング」みたいなやつ)、パワースポットめぐりなど、個人的に苦手な内容の記事が全くないわけではないけど少ないのでうれしい。
  • 写真のかっこよさ…男性モデルめっちゃ目の保養。

それにしても女性向けファッション誌はスーツに準じるような服装が少ない気がします。スーツやジャケット+スカート(かパンツ)の範囲でおしゃれを楽しむ雑誌があったらいいなぁ。リクルート用ではないスーツ中年レディは何を参考にされているんでしょうか?

広告を非表示にする