ほりぃのブログ

【考え事】電子化しないほうがよかった本

写真集というか「K.K closet」です。写真をパラパラ眺めるような本は向いてなかったよという話。

K.K closet スタイリスト菊池京子の365日 Autumn-Winter

すこし前に一気に本を電子化(自炊)しました。本棚ごと処分できてお部屋が広々となり、外出先でもいろんな本を持ち運べて最高!ということで、それ以降は紙の本を買ったらすぐスキャナにかけて電子化してから読むことにしています。

ただ、買い直した本がありまして。「K.K closet」というファッションの本です。フルカラーでひたすら全身のコーディネート写真(服のみ)が並んでいるという内容。How toとか説明はほぼなし。

スタイリストの菊池京子さんの私服ってことなんですけど、実際そうなのかはともかく、今までにないリアルな感じが面白くて大好きです。バッグがしばらく同じとか。2日連続して同じスカート履いてるとか。しょっちゅう出てくるアイテムがあるかと思うと1回ぐらいしか登場しないアイテムもあったり。似たようなボーダーのシャツが何枚も出てきたり。

服のテイストは華美さのない、落ち着いたカジュアル。スポーティなアクセントがお好きなんだろうな~という印象。色は白が効いてます。自分の好み&似合うとはちょっと違うけどそれでも楽しい本です。着る人の好みに偏った感じがとても心地いいんですよね~。余白の感じとか文字とかのデザインも絶妙。この本がヒットした後に似たような本が何冊か出てて、本屋さんでチェックするんですけど…自分の好みという点では、いまだにこれを超えた本はありません。

で、この本ってページを行きつ戻りつしながら「あっこれ靴とかばん以外は一緒だ、全然イメージ違う~」とか「旅行の時はトップスだけ変えるのか」「このシャツ他にどういう風に着るわけ?」とか考えごとしながら眺めるのが楽しくて、自分の中では粛々とページを進める感じの本ではないんですよね。なのでページ送りのしやすい紙のほうが向いてたという…

今ってけっこう電子書籍の写真集ありますけど、買った人はどんな感じで楽しんでるのかしら。パラパラせずに1ページ目から鑑賞する感じかな?

もったいなかったですが、今でもちょいちょい眺める好きな本なので買い直して正解だったなーと思っています。

広告を非表示にする