ほりぃのブログ

【ライブ】平沢進 ファンクラブ会員限定イベント「景観する循環カフェ」11/17夜の部at吉祥寺スターパインズカフェ

「景観する循環カフェ」、ありがたいことに当選して11/17の夜の部行ってきました。入場整理番号が本当に最後の方だったので、最終日の後半の回までずっとわくわく感を楽しめた馬の骨といえる。席は1Fの後ろのほうにしました。

f:id:hriii:20161124214049j:image

出演

  • 平沢進
  • ひらのんさん(ケイオスユニオンのスタッフの方。トーク部分の司会進行)

質問コーナー

メモをとっていなかったので他の方のレポートをご覧いただければと思いますが、個人的には「おおらかに」「何を言うかよりどう言うか」「育てられるのは得意ですよ!」みたいなのが印象深かったです。あとローディーの松村様を裏に呼びに行って逃げられるなど。

「ヴァイオリンで、クラシックなんかをソロで演奏する人に…なりたいなぁ!…って…へへ…(元気よく言ったあと急にはにかむ)」もかわいかったです。

コーヒーのお好み(酸味がまだわからない、濃かったらお湯で薄める、サイゼのはまぁまぁおいしい)が自分と似ててちょっとうれしがってしまいました。

ライブ

  1. ロタティオン
  2. 電光浴
  3. CHEVRON

3曲ですが1曲10分ぐらい。みんなが見る中、ルーパーを使ってリズムだけの状態からギターのリフとコーラスを足しながら曲を組み立てていく。でその上から歌ったりギターソロがあったりして終了という構成でした。ルーパーを見るから景観する循環カフェっていう名前なのね!

歌とギター以外にも手元足元の機材操作がとんでもなく忙しそうでした。レーザーハープといい、平沢さんはテクノ(打ち込み)の人なのに身体を忙しく動かすのを見せるのが好きですね。平沢さんがシステムに取り込まれて楽器の一部になってしまったよう。迫力に圧倒されて目がウルウルなってしまいました。

コーラスを入れていくところが鳥肌もので、さっきまでふわふわ喋ってた平沢さんがオフマイクで音程を確認した後マイクをグッと引き寄せて、口を開けるとあの声なんですよ!それを幅広い音域で次々に重ねていくのがリアルタイムで見られるわけです。

「CHEVRON」では我々もコーラスで参加させてくれるということで平沢さん指導のもと練習、録音。「さんはい!(平沢さんの小声)」「うーう♪」っていうのが録れて、実際に使われました。最後に「今日はうまくいったほうじゃないでしょうか」というコメントもありうれしかった!

ピック流し

「アンコールをやらないかわりに…」ということでオリジナルピックの間接的手渡しがありました。黒い雨樋みたいなものが4レーン用意され、ステージ上から傾斜をつけて、流しそうめんみたいに平沢さんがピックを流すので受け取るという…

ピック流しはけっこう一瞬で終わるんですけど、近いしひとことお礼を直接言うのが許されるなんてすばらしい。あと、席が後ろの方だったので他の方の様子を眺めることもできました。みんな平沢さんが好きでたまらんという感じで、行こうすれ違おう愛はいかがとな雰囲気でした。

 

会場の外に出ると、会場前の道路ではなく(迷惑になるので溜まらないでねというアナウンスがあったため)駅までの道すがら真実の街角でインヤー、ではなくぼんやりしている参加者がいっぱいいておもしろかったです。もちろん私もハイパーぼんやりしたまま帰路につきました。インヤー。

広告を非表示にする